必要な間取りは?

1人暮らしにおすすめの間取りは?

1人暮らしの間取りを決めるときに迷っていませんか?基本的には1Rや1Kなど、住む土地や自分の必要なスペースに合わせて決める必要があります。例えば自宅で仕事をしたり、何か趣味があって部屋数が必要な場合には寝室とリビングを分けるなどの方法がありますが、どれだけ広くても1DKから1LDKぐらいまでが、1人暮らしで丁度良い広さでしょう。 他にも、お風呂とトイレが別でキッチンが独立など、自分のライフスタイルに合わせて選ぶ必要がありますが、1Rから1LDKに向かって家賃は高くなっていきます。1Rはキッチンと部屋が一緒になっているため、「食事の匂いが寝具につくのがいや」という方にはおすすめできません。キッチンと寝室を分けたい場合には1K以上を選ぶようにしましょう。

納得して住むためのポイント

初めての一人暮らしであれば、譲れないポイントや理想があると思います。実際に部屋探しを始める前に考えておきたいポイントを決めておきましょう。 1つ目は「家賃」です。賃貸を借りれば家賃が毎月発生しますが、思っている以上に負担になることがあります。自分の収入に見合った家賃で探さなければ、毎月の生活が苦しく、他に我慢しなければいけないことが多くなってしまいます。 2つ目は「快適性」です。例えば、休みの日は自宅でゆっくりくつろぎたいのであれば、幹線道路や線路の近くは避けたいところです。自宅にいるのに、騒音などでゆっくり出来なければ休みの日もリラックス出来ません。 3つ目は「利便性・安全性」です。毎日、通勤や通学で電車を利用するのであれば、駅から近いことが重要になってきますし、女性の1人暮らしであれば、オートロックなどの安全性があったほうが良いでしょう。