どんな人が賃貸物件を借りられるの?

どのような人が借りられる?

どのような人が借りられるか簡単に言うと、自身の資産背景に傷がない人です。資産背景の傷とは、例えばローンの未払い、滞納などです。そのような場合には審査機関によるチェックが入ります。大手メーカーなどの賃貸物件を借りる際は、ほとんどの場合、審査機関を入れて入居希望者の情報を得る場合が多いです。そこで上述のような滞納がないか、支払い能力があるかを見られます。 また、就職しているなど、安定した収入があるかも見られるケースもあります。しかし、結婚している場合は世帯収入として見られる為、必ずしも就職が必須ということではありません。 個人事業主や法人の場合、確定申告書の提出などを求められるケースもあります。要するに収入が安定しており、支払い能力があることを立証すれば、借りることができます。

借りられない人はどのような人?

ではどのような人が借りられないのでしょう。これもシンプルで、先ほどの「借りられる人」の逆です。自身の資産背景に傷がある人ということになります。月々の支払い(ローン)を滞納してしまったりすると、審査機関にチェックが入ってしまいます。通常一度、滞納するとそのチェックは3年から5年は消えないと言われています。住宅ローンを組む際は7年ほど見られるということもあります。 しかし、一度滞納してもその月以内に支払いが完了するとセーフという場合もあり、それはその支払先(企業)によってまちまちです。一発アウトの場合も当然ある為、支払いは基本的に期日までにしっかりと返済しましょう。たった一度の滞納が今後の数年間を左右します。