賃貸契約は家賃だけじゃない!?必要な「初期費用」とは

敷金と保証金は地域ごとの呼び名の違い

敷金または保証金は、賃貸住宅へ入居する際に予め大家へ預けておくお金です。物件ごとに家賃の1ヶ月から3ヶ月程度の範囲で設定されることが多く、入居中に家賃の支払いが滞った際に最終手段として充当する預り金の役目を果たします。そして、賃貸住宅を退去する際に必要な原状回復費用の清算にも使われます。敷金という呼び名が一般的ですが、関西地域では保証金という呼び名も不動産業界では使われていて基本的に同じ預り金です。

また、同じ部屋へ入居する場合であっても入居者の信用状況やペットを飼育するといった入居条件により、敷金を積み増しすることにより入居審査を通しやすくするといった役割も果たします。このため、大家と入居者の間で条件に折り合いが付けば、納得の上で敷金は上下することになります。

礼金と仲介手数料は物件により必要となる

賃貸住宅入居時に必須とはならない費用として、礼金と仲介手数料があります。礼金は新築物件や入居条件を緩和してもらう際に大家へ入居者がお礼という形で渡すものであって、原則として公的機関からの融資を受けて建築された賃貸住宅では受け取ることができません。このため、礼金が設定されている賃貸住宅は大家が自己資金で建築した可能性が高く、急なオーナー変更が起きにくい安定した物件と考えられます。 一方、仲介手数料に関しては不動産会社からの仲介を受けて賃貸借契約を結ぶ場合には、大家と入居者が家賃の半月分を上限として仲介手数料をそれぞれ不動産会社へ払うことになっています。このため、大家と直接契約を行った場合や不動産会社がサブリース契約により入居者へ直接転貸する場合には仲介者が存在しないために仲介手数料はかかりません。