必要な手続きは?

審査や保証人の設定が必要

住宅を購入するとなると住宅ローンの手続きや登記の手続きなどかなり大変になります。賃貸物件を利用するときも手続きは必要になるでしょうが、購入に比べるとかなり楽になるでしょう。賃貸物件を利用すると初期費用の他、将来的に賃料を払い続けなければならず賃料をきちんと払えるかの確認が必要になります。つまりは事前に審査が行われて問題がないときは次の手続きに移れます。審査においては収入がわかる資料などを提出しないといけないので準備しておくと良いでしょう。審査の次は保証人に関する手続きで書類を提出します。借主が賃料を払えないときや原状回復費を払えないときなどに代わりに払える人になるので、保証人も収入がわかる資料が必要になるでしょう。

契約書を理解してサインする

賃貸物件を利用しようと不動産屋に行き、いい物件が見つかったなら予約をしておきます。予約をすると他にその物件に興味を持つ人がいても先に契約されるのを防げます。その一方で、契約ではないので自由に予約の取り消しなども行えます。予約をしたら一定期間内に本契約を結びますが、本契約の時に行う手続きとして重要事項の説明があります。宅建資格者が契約書の内容を読んでくれるので、不明点があればその時に確認しなければいけません。一旦契約のサインをしてしまうと契約が成立してしまうので、不明点や不利な内容があるなら確認しておく必要があるでしょう。退去の時の原状回復費で何を負担するかなどが書かれているときもあり、納得した上で契約しなければいけません。